2c戦闘力50支援10射程1

サイファだったりミリシタだったりFEだったり

ジョフレでの立ち回りなど

f:id:kaikaifaifai:20181014210917p:image

光り輝く星のように 最上静香SSR+

 

前回のジョフレデッキの立ち回りについての解説です。無論、環境や新規カードによって変わってきますし、現段階での動き方というのは留意してください(当たり前体操)

 

①コンセプト

ジョフレの勝ち筋は「相手のコントロールカードが出るまでに相手主人公を叩き割る」ことにあります。サイファというゲームの性質上、序盤での手札整理・回収には限度があります。"待ち"として有名なデッキも、序盤の手札の質は平等、むしろ後半に強くしているために序盤ではあまり有用な札が無い状態が多いと思います。そこで、手札が揃う前に的確に相手の主人公を攻撃し、ゲームエンドまで持っていくことが殴りきりデッキには大切だと思っています。

詰まる所、相手の強力なOC(オーバークラスチェンジ)が出る前にゲームに決着を付けよう、ということです。そのため、ゲームエンドを5ターン目と設定しています。4ターン目にも優秀な生存重視カードは出てきますが、基本的にはジョフレの圧力で十分に対抗できます。逆に、守りのOCであるジェニー・デューテ等を展開されてしまうと、こちらの勝ち筋が一気に細くなってしまいます。そうならないためにも、このデッキでは序〜中盤に強いカードを多く採用し、パターンに入った時の勝ち筋を太くしています。

 

②具体的な立ち回り

さて、具体的な立ち回りですがざっくり言うと序盤から積極的に相手主人公を殴っていき、3ターン目にCC、5ターン目に盤面に並べて全て相手主人公に叩き込む、というものになります。相手主人公によって差異はありますが、しっかりと札が揃っていればこれで9割決着は付きます。とは言え、これで終わるとアレなので細かなことを言います。

1〜2ターン目ですが、出撃させるユニットとしては「1cエリンシア」「1cワユ」「1cレテ」となります。後述する場合には1cヴェロニカを出します。まず「1cワユ」「1cレテ」ですが、これらのユニットは基礎戦闘力が40の上、退避に落ちても成長の材料になるため積極的に出していきましょう。攻め支援を重視している上、受け支援も30が半分近く入っているので、昨今の魔道・竜をサブとしているデッキには倒せずに残る可能性があります。倒されても良し、残っても次また主人公を攻撃できる優秀なユニットです。

f:id:kaikaifaifai:20181014213741p:image
f:id:kaikaifaifai:20181014213733p:image

1cエリンシアですが、このユニットは基礎戦闘力30と劣るものの、退避にカードを3枚も落とせる上、1cジョフレの効果で受けが50となる優秀なユニットです。流石に飛行特効で上から攻撃されると厳しいですが、後衛に下がってしまえばデッキ支援値との兼ね合いもあり魔道士ではほぼ撃破できないユニットになります。 後衛に下がったままでも、3ターン目に5cエリンシアにCCすることが出来、ジョフレのCCをより確実なものとしてくれます。

f:id:kaikaifaifai:20181014214210p:image

また、"待ち"相手には1cヴェロニカを出してオーブを先に手札に変換してしまいましょう。対戦前から"待ち"とわかっていれば1ターン目から起動して構いませんが、大抵は相手の動き方を見て使うかどうか選択しましょう。

f:id:kaikaifaifai:20181014214406p:image

 

次に、CC後、4ターン目・5ターン目の立ち回りを。相手の顔の厚さや展開力にもよりますが、基本的に4ターン目は3cイナ出撃からのイナ効果で相手の顔面に2回攻撃を入れるのがマストです。イナは受け50しかないので返しでいなくなることが多いですが(イナだけに)、イナにパンチが逸れている時点でこちらの思惑通りなので気にしないようにしましょう。ジョフレは以外と脆いので。回収するカードは臨機応変に、としか言えないのでこの辺は慣れてください。とりあえず捲れた5枚にもよりますが、手札に足りてない成長要員、または回避札が心もとないならジョフレといった具合で。

f:id:kaikaifaifai:20181015220535p:image

 

さて、5ターン目です。ジョフレを使っていて一番楽しい瞬間です。1cジル出撃5cジルクラスチェンジ、1cレテ出撃。行くよマーニャでフィー出撃。ジルの己に恥じぬ生き方で退避から3cイナ出撃、イナ育まれる希望で成長し必殺札を抱えレテを+30。レテ我らを侮るなを使用し成長。これで前衛の味方の戦闘力が100-110-80-100-80となり、ジョフレの効果で前衛に主人公を引きずり出してきました。この火力を全て相手主人公に叩き込みます。1〜4ターン目にどれだけ主人公に通しているかにもよりますが、大抵はこれでフィニッシュです。また、これだけ盤面展開をしているため、万が一撃ち漏らした場合でも、相手はこれらのユニットを全て撃破できる余裕はほとんど無いハズです。ジョフレはなるべく先に殴って天空紋章期待をしましょう。やってみればわかりますが、ここまで綺麗に回ったジョフレを安定して受けられる主人公はほぼいません。お疲れ様でした。

f:id:kaikaifaifai:20181015221613p:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

弱点

まあそんな強かったらみんな使ってたよねってことでやはり無視できない弱点があります。

①自分より速い相手がキツい

前にもちょくちょく言ってますが、ジョフレ自体の受けは実はそこまで高くありません。また、天馬25枚構築とは言え相手が弓を捲ってしまうと意味がありません。最上級職のサブをキーカードにしてる関係上、展開する準備ができるのは最速でも4ターン目なので、それまでに決着を付けようとするより速いデッキは無理です。延命カードもほとんど入っていないので。

②退避リセット

成長カード全員が退避を参照するため、キルターン直前に退避リセットをかけられると何もできなくなります。今までは3cミタマだったり2cリズだったりあまり使い勝手の良くないカードのスキルだったためあまり気にすることはありせんでしたが、

f:id:kaikaifaifai:20181015222157p:image

コイツです

レナです。赤に新たに入ったパワーカードで顔面を回収しつつついでに退避リセットをしやがります。ふざけんな。レナがいる可能性のあるデッキ相手では4ターン目のイナの回避が2枚ある状態でスキルを使わずに出して生き残る可能性を信じる、など足掻きに足掻いてください。少しでも退避に落ちて何かしらできればまだ勝機はあります。たぶん。

 

まあこんな感じです、普段感覚で理解していることを文字に起こすのって難しいですね。わからないことがあれば気軽にTwitterとかで質問してください〜では〜